ブログ
オンラインショップ

足によい運動靴とインソールでこどもの足の成長を守る!

子供の足に良くない偏平足・甲高足・外反母趾を促進する子供靴の例

 

子供の頃から、毎日はいて、歩く、走る、立つ動作をする、通学靴・運動靴をよいものを使うことが、足の怪我予防、スケートの競技力向上、偏平足防止、速く走れるようになることの近道です。

 

足に良くない靴の例

  • 大きい靴
  • 柔らかい靴
  • かかとの骨が動いてしまう靴
  • 足の裏がぺったんこな靴
  • 紐がゴムで出来ていて、ぎゅっと締められない靴
  • 雑巾絞りのように靴をひねったときに、ひねることが出来る靴

このような靴で、アスファルトの上を歩くと、次第に偏平足や外反母趾、甲高足が加速してしまいます。さらには、このような靴で毎日走ったり、跳んだりすると、更に足のアライメントが崩れてゆき、足・ひざ・腰の深刻な怪我を引き起こします。

 

このような靴でスケートのオフアイストレーニングをすると、足を傷めつけているような状況となります。

 

 

良い靴の例

アスファルトの上を歩くことが多い現代の子供たちは、出来るだけ運動靴用のインソールを子供靴に入れて、足への負担を軽減してあげることで、足のアライメントの崩れの予防(外反母趾、偏平足、甲高足など)や足・ひざ・腰の怪我予防になります。インソールを使用し、更に正しい靴の履き方を覚えること、自分の足のアライメントに合った靴を選ぶことが非常に重要ですが、なかなか、そのようなことを教えてくれる靴屋さんはありません。デパートなどのシューフィッターさんは足のアライメントが崩れたままの状態で足を計測し、その歪みに合った大きめであたらない、痛くない靴を薦めるように教育されています。骨格の細いアジア人の子供がそのような大きめでゆとりのある靴を履いていると、どんどん偏平足やプロネーション・スピネーションが加速します。

日本人は幅広・甲高の足ではありません!

足のアライメントに合った正しい靴の履き方を知らないだけです。

ご興味がある方は、日本人が外国人?(白人、黒人、中国人などの他の黄色人種)などに比べて幅広・甲高だという医学論文を探してみてください。

なぜ、幅広・甲高になってしまうのかというと、

靴の正しい履きかたと選び方を教育されていないからです!

あなたの骨格に合った靴+インソールを使用すれば、もともとあなたの細めの横縦アーチが形成された、良いアライメントの足の戻ります。それをすれば、特に跳ぶ・走るなどのトレーニングを受けなくても運動能力が大きく改善します。更には、スポーツ傷害の大きな予防となります。



子供のスケート選手は陸トレ靴が怪我の原因を招いていることも

陸トレ・オフアイストレーニングには、運動靴+インソール

スケート選手のオフアイストレーニング、陸上トレーニングで走る、跳ぶなどの練習を繰り返す人は、必ず、足のアライメントに合った運動靴とインソールを使用してください。怪我の予防に大きな役割を果たします。

子供用 陸トレ・オフアイス用運動靴       3000円~12000円+税

運動靴用のインソール             15000円~23000円+税