ブログ
オンラインショップ

後脛骨筋腱炎(内くるぶし後ろの痛み)

後脛骨筋腱炎とは

後脛骨筋は、土踏まずを形成している筋肉の一つで、足裏から内くるぶしをとおりスネの上部まで伸びる長い筋肉です。ランニングの着地などで足首が内側に倒れる動きをくり返す事によってこの筋肉の足首周辺の腱の部分に炎症が発生し痛みを伴います。

 

 

なぜ起こる?

歩行やランニング時の着地時に、過度に足首が内側に倒れ込みを起こす「過回内」を起こす事によって内くるぶしの後ろを通る腱が引っ張られることで炎症が起きます。土踏まずのアーチの低下・扁平足などで過回内を起こす場合もありますが、甲高足でも着地時に急激な回内が起こる事により発症することもあります。

また、足が内側に倒れやすいという意味では、足先を開いて走るランナーにも起こりやすい症状です。

 

 

 

どんな症状?

後脛骨筋腱炎ではこのような症状がみられます。

  内くるぶしの後ろの腱に沿って、着地時や体重を掛けたときに痛い 

  足首を外返しするようにストレッチをかけたり、つま先立ちをするとと痛む

  押すと痛い、腫れた感じがする

  足裏やふくらはぎ内側にも張り感がある

 

改善策

後脛骨筋腱炎の改善には以下のような対応を行う必要があります。

1、急性期のアイシング

2、インソール作成

 ・着地時のアーチの落ち込みによる伸張ストレスの軽減

 ・アーチの落ち込み強い場合は踵部や前足部にパーツ処方

3、緊張したスネの内側の筋肉の緩め

  エミューオイルでの内くるぶし〜スネの内側のマッサージ

  ケアローラー・ボールでのふくらはぎ内側のマッサージ

  EMSや超音波治療器などでのトリートメント