ブログ
オンラインショップ

膝蓋靭帯炎(ジャンパーズニー)

膝蓋靭帯炎とは?

バスケットボールやバレーボールなどでジャンプや着地動作を頻繁に行うスポーツで多く見られるオーバーユースや股関節を上手く使えない着地を原因とするヒザのお皿の下の痛み。ランニングなどの走る動作でも上下動の多い走りや、ブレーキを掛けるような走りをすることで発症するケースも多い。

 

なぜ起こる?

大腿四頭筋はヒザのお皿(膝蓋骨)に付着しさらに膝蓋靭帯を経てスネの骨(脛骨)に付着しています。そのため大腿四頭筋が疲労やオーバーユースによって柔軟性が低下したり過緊張状態になると、お皿(膝蓋骨)〜膝蓋腱への牽引ストレスが蓄積し膝蓋骨や膝蓋靭帯周囲に痛みを引き起こします。また、成長期のアスリートにおいては、骨の成長に筋肉がついていかず大腿四頭筋が常に筋短縮の状態となることも重なることで発症しやすいと言えます。スクワット姿勢などでヒザが前に出るタイプのアスリートは大腿四頭筋への負担が大きく要注意です。

 

どんな症状?

膝蓋靭帯炎(ジャンパーズニー)ではこのような症状がみられます。

  運動時にヒザ関節の曲げ伸ばしで、お皿周辺が痛む・きしむ・音がする。

  お皿の下の当たりが痛む、押すと痛む。

  ヒザのお皿の下あたりが肥厚している、膨張感があるなど、見た目にも特徴があらわれている場合があります。

 

改善策

膝蓋靭帯炎(ジャンパーズニー)の改善には以下のような対応を行う必要があります。

1、運動後の痛みがある場合は大腿部全面のストレッチと疼痛部のアイシング

2、大腰筋のストレッチ、マッサージ

3、慢性状態の場合はホットパックなどでの加熱後の動的ストレッチ

4、股関節を使ったスクワットなどの動き作り、足関節の可動域改善などで大 

  腿四頭筋への負担を軽減するアライメント作り

5、大腿四頭筋のセルフマッサージ

6、膝蓋骨周辺の超音波治療器の使用

7、姿勢矯正インナー