シューズソムリエ

シューズソムリエ · 2019/10/24
ヨネックスが自社の得意分野であるカーボンプレートを内蔵した足に優しいランニングシューズを開発、発売しました。ランナーの膝を守る、かつ完走からサブ4までをターゲットにしたシューズです。試し履きと試走をしてみましたのでレポートします。

シューズソムリエ · 2019/10/08
つま先が痛いのは、靴が大きすぎて、足が滑っているせいでした。 お子様の言うがままにサイズを上げると、かかとが2cm空く靴になります。 24.5cmレーザービーム→22.5cmGT2000+インソール

シューズソムリエ · 2019/10/06
アシックス グライドライドを履いてみた。足入れをした瞬間どこに載って良いのか?一瞬脳が混乱する。過去に流行ったトーニングシューズに似た感覚。乗るべき位置に乗ると重心の動揺がぴたりと止まる。 つまり、エラーポジションに乗せない着地が出来るというコンセプトなのだろう。着地の重心位置は自然にMP関節のあたりに集まってくる。着地から前方への重心移動では、崖のような落差のある指の落ち込みが感じられ、そこで一気に加速する。 これは、急激に薄くなるミッドソールの構造もさることながら、きつめのロッカーを有することもこの動きに貢献している。この指の高低差にハイスピードランナーは戸惑うだろう。ただ、重心の移動が伴わない「なんちゃってフォアフット着地」をする初級者や、この靴で8.5min/km以下のLSDや、ウォーキングをしようとすると、スレ防止のために大きくカットされたアウトソール部分に乗ってしまい、かかと着地の段階でスピネーションが起きてしまうだろう。かかとの外側後ろは乗ってはいけないこのシューズのNGゾーンである。あとは長時間履いた時のこのふわふわ感が、ユーザー個々の足圧が集中する箇所に、スパイクの突