アライメントとは?

カラダの姿勢や動きを大きく左右する人間の骨格の配列・並びのことをアライメントといいます。

 

人間は本来たくさんあるカラダの関節や筋肉などの組織をバランスよく使うことが理想とされています。

 

ところがスポーツや日常生活で偏った動きが起こると、

使いすぎたり、全く使わない、関節や筋肉などの組織が出てきます。

 

これがきっかけとなり、カラダはバランスを崩し、

崩したバランスをさらにバランスを崩しながらバランスを取ろうとしてしまいます。

これがアライメント不良です。

 

アライメント不良が起こると、人は骨(骨格=フレーム)でカラダを支えることが難しくなります。

すると骨ではない筋肉や軟部組織に負担をかけてバランスを保とうとして負担がかかるのです。

 

スポーツでは、力を地面に伝えらないなどの問題が発生し、

ジャンプ力・スピード・瞬発力などパフォーマンスを低下させてしまいます。

 

さらにアライメント不良の問題を筋肉がカバーしようとしたり、

全身のバランスをとるために逸脱した動きを強いられることとなり

ケガをしやすくなります。

 

アライメント不良の原因を知り改善することで、カラダを使いやすい状態にすることは、

スポーツでの目標や上達を達成するために必要なことです。