ブログ
オンラインショップ

2016年

5月

08日

Before & After

Jrアスリートのトレーニングシューズ選びとインソール作成を行いました。


第一の優先課題として、腰部の右回旋に伴うニーインや下腿外旋(膝の向きと足の向きのズレ)に起因すると思われる足部のプロネーション(足首が内側に倒れこむ動きです)がありました。

 

対プロネーションタイプのシューズを選び、左右の異なるアライメントに合わせたインソールを作成しました。

 

これまで低いポジションを取ろうとすると、左足をねじりながら使わざるをえなかった脚がまっすぐに地面を捉えているのがわかると思います。

 

ニーインから腰部の右方向への回旋動作も足元から抑えることができ、負の運動連鎖を足元で断ち切ることができます。インソール作成後は、インソールの正しい使い方、つまり足や脚、股関節の使い方の指導と正しく使うために障壁となっている筋肉のセルフケア指導も同時に行い、インソールを効果的に使うことと正しく機能的に体を使うことをレクチャーしていきます。

 

正しい動きを導くインソールは脳や運動神経の再教育する効果が得られます。

 

今回は分かりやすい画像のみですが、第2、第3に優先すべき問題や、競技に直結した動きの問題なども考慮してアドバイスをしていきます。